Javaプログラミング基礎講座(Java入門)
Adobe Flex/ActionScript3.0講座 - 本格的な技術習得のためのマンツーマンFlex講座

Adobe Flex3 / LiveCycleデータ & メッセージング通信 アドビ認定コース(マンツーマンコース)
[Flex 3 and LiveCycle Data Services: Integrating with Data and Messaging]

Java講座

講座概要

サーバとのデータ通信こそがFlexアプリケーションの真価が問われる場面です。バイナリフォーマットによる高速データ通信はHTMLベースのWebアプリケーションではあり得ない処理も可能にします。

Flex/AIR開発を普段より行うFlex3認定講師による完全マンツーマン講義により、受講される方のレベル、速度に合わせて授業を進めます。短期集中型の方から、余裕をもたせたスケジュールを希望の方まで柔軟に対応します。
このような体制でAdobe Flex3 による高度なデータサービスWebアプリ作成方法、デバッグ方法、サーバサイドのTipsについて習得し、作成演習を行い、Flexプログラミングの基礎を習得した方が実践的アプリ作成方法を身に付けるためのコースです。

Adobe Flex3 LiveCycle データ & メッセージング マンツーマンコースの内容

講座の学習目的学習目的

このコースは次のスキルを身につけることを目的とします(集合研修では2日間で行う内容です):

  • Adobe LiveCycle ES データサービステクノロジーの概要
  • Adobe LiveCycle RPCサービスの使用
  • Adobe LiveCycle Message Serviceの使用
  • Adobe LiveCycle Data Management Serviceの使用
  • ActionScript3 によるXMLデータの操作
  • Adobe Flex アプリケーションからサーバへのデータアップロード
  • Adobe Flex からJavaオブジェクトへの接続
  • Adobe Flex のActionScript3オブジェクトとJavaオブジェクトのマッピング

講座の対象者対象の方

LiveCycle ESデータサービスを利用したアプリケーションを開発予定の方

講座の前提知識受講に必要な前提知識

Flex2/Flex3プログラミング経験者(Flex開発基礎コース受講者)。ActionScript3プログラミング入門受講者または同等レベルのスキルの方。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論学習 : 8単位

講座の料金受講料

    Adobe認定Flex3インストラクタによる完全1対1授業コース:¥228,000( 別途消費税8% )

講座の備考スケジュール(開講日)

完全マンツーマンを予約制で行うため、講師とスケジュール調整をして開始日、受講日程を決定することができます。

講座の備考開講スケジュール

この講座はマンツーマンコースのみです。個別のスケジュールでご受講いただけます。

お申込方法

講座はマンツーマンであるため、スケジュールの確認と調整が必要となります。下記のボタンをクリックしてお申込みください。


講座の備考備考

テキストは最新のアドビ認定Flex3コーステキストを使用します。

講座の講師からの声講師より

この講座では、Flexならではの高度なデータ処理を実現するための数多くの方法論を、ベンダーであるアドビシステムズの教科書を使用して学習します。

高度なデータ処理を行うRIAを作成する予定や見通しがある方、最先端の技術を習得したい方に最短のパスを提供します。
すべてのトピックにはサンプルコードによる実習が含まれており、実際にサーバを稼働して動作を確認できるようになっています。

講座の講師からの声講座トピック

1. Webサービスへのアクセス
Webサービスの使用
Flex BuilderでのWebサービスのインポート

2. LiveCycle Data Services ESの概要
LiveCycle Data Services ESの概要
LiveCycle Data Services ESのインストール
LiveCycle Data Servicesの機能について
Proxy Serviceの使用
BlazeDSの使用

3. Remoting Service での Java クラスの使用
Remoting Serviceについて
複雑なリモートメソッドの呼び出し
サーバーサイドの例外の処理

4. クライアント上のデータ管理
クライアント上のデータのフィルタ、ソート、カーソル操作

5. Message Serviceの使用
Message Serviceの概要
メッセージの送信、受信
複雑なデータの送受信

6. Data Management Serviceの使用
Data Management Serviceの概要
Data Management Serviceのアーキテクチャ
データの変更
保留中の変更の管理

7. E4XによるコントロールへのXMLの提供

8. サーバーへのファイルのアップロード
© 2007 IT塾