LinuxWebサーバ構築運用講座
Linuxセキュリティ入門講座 - LinuxWebサーバ構築運用講座: マンツーマンで習うITセミナー

Linux Web/DNS/Mailサーバ構築運用講座

LinuxWebサーバ構築運用講座
LinuxWebサーバ構築運用講座

講座概要

LinuxでApacheWebサーバー,DNSサーバ、sendmailによるメールサーバを構築するための知識を習得し、実習を行います。PHP、Perl、サーブレットJSPの構築を行うエンジニアにとっても知っておきたいスキルです。Apacheでは、ソースコンパイル、バーチャルホスト、SSLを使用したWebサーバの構築方法も習得します。


20年を超える経験を持つプロによる完全1対1の授業で確実に短期習得を行います。

Linux講座一覧へ

Linux Web/DNS/Mailサーバ構築運用講座の内容

講座の学習目的学習目的

このコースは次のスキルを身につけることを目的とします:

  • DNSの役割、概要と仕組みを理解している。
  • BINDを入手してDNSサーバを構築、動作確認ができる
  • インターネットメールの仕組みを理解している。
  • sendmailのインストール、基本設定が行える
  • 中継、スパムの基本制御設定が行える
  • POP, IMAPサーバの構築が行える
  • Apacheを入手インストールしてWebサーバーを構築し、基本設定ができる。
  • サイト内のコンテンツにアクセス制限を設定することができる。
  • SSL接続を行うサイトの構築ができる。
  • バーチャルホストによる複数ドメインの設定を行える。

講座の対象者対象の方

LinuxでWeb/DNS/メールサーバを運用する方。Linuxサーバ管理者となる方。Apache2.2の構築を行う予定の方

講座の前提知識受講に必要な前提知識

Linux/UNIXの基本操作とネットワーク設定ができる方が対象です。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論学習: 14単位

講座の料金受講料

¥320,000( 別途消費税8% )

講座のトピック学習トピック

  • DNSの仕組み
  • DNSの構築
  • DNSセキュリティ設定
  • メールの仕組み
  • sendmailによるメールサーバの構築
  • メールセキュリティの設定
  • POP, IMAPサーバの構築
  • Apacheの導入
  • Apacheの設定
  • セキュリティ設定
  • モジュールの利用
  • ログ解析
  • SSL

講座の受講者の感想受講者の感想

「丁寧にご教授いただき、ありがとうございました。サーバを構築できます。」

講座の備考備考

講座の講師からの声講師より

この講座では、LinuxでApache/BIND/Sendmailによるサーバをインストールして管理運用する際に必須の知識を身につけ、操作を行います。サーバ管理担当者には必須の内容です

© 2007 IT塾