Solaris10サーブレットJSPプログラミング講座
Solaris10講座 - SCSA Solaris10講座

SCSAs Oracle Solaris10 アソシエイツ対策によるUNIX入門講座

講座概要

SCSAs Solaris10 アソシエイツの試験では、UNIXシステムの概論と基本操作、ファイルとディレクトリの概論と基本操作、シェルの応用、ファイルのアーカイブとリモート接続などの、UNIX(Solaris)の導入に必要な知識が問われます。この試験を題材にして、実際にSolaris10で実行確認を行いながら、UNIXシステムの基本を習得します。

SCSAs Oracle Solaris10 アソシエイツ対策によるUNIX講座の内容

講座の学習目的学習目的

SCSAs Oracle Solaris10 アソシエイツ試験では、Oracle Solarisオペレーティング・システム(Oracle Solaris OS)を中心にUNIXの基礎知識の習得を目指す大学生や入門者を対象としています。UNIXの基本的なコマンドとタスクに関するスキルを証明します。:

  • UNIXベースシステムの概論と基本操作
  • ファイルシステムの管理
  • ファイルとディレクトリの概論
  • ファイルとディレクトリの検索
  • シェル機能の応用
  • ファイルのアーカイブとリモート接続

講座の対象者対象の方

UNIX(Solaris)の基本概念と操作を習得したい方。SCSAs Oracle Solaris10 アソシエイツの取得を目指す方

講座の前提知識受講に必要な前提知識

LinuxまたはUNIX、およびSolarisの経験がないか、初心者の方が対象です。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン集中理論学習: 12時間

講座の料金受講料

¥198,000( 別途消費税8% )

SCSAs Oracle Solaris10 アソシエイツ試験受験のための対策演習: 30時間 を行う場合の受講料:

¥248,000( 別途消費税8% )

講座のトピック学習トピック(実習を行わないトピックもあります)

UNIXベースシステムの概論と基本操作

  • ログインプロセスを実行し、パスワードの変更を行う。
  • コマンドラインにおいて各種基本コマンドを実行する。
  • Solaris環境におけるオンラインマニュアルを参照する。

ファイルとディレクトリの概論

  • ファイルとディレクトリについて、作成、移動、コピー、名前の変更、削除等の基本操作を実行する。
  • vi エディタを使用してファイルを編集する。また、viエディタの環境のカスタマイズを実行する。
  • メタキャラクタ、Kornシェル変数を利用する。Kornシェルの初期設定ファイルを作成する。
  • ファイルとディレクトリのパーミッションを表示し変更する。デフォルトパーミッションの設定を行う。
  • ファイルとディレクトリに設定されたアクセス制御リスト(ACL)を表示し、変更する。

ファイルとディレクトリの検索

  • システム内のファイルやディレクトリを検索する。ファイル内の指定文字列を検索する。
  • プロセスとは何か説明する。プロセスの表示や検索を行い、プロセスの終了等、プロセスへのコントロールを実行する。

シェル機能の応用

  • ジョブ管理、エイリアス設定、シェル関数設定など、Kornシェルの応用機能を活用する。
  • シェルスクリプトを作成し実行する。

ファイルのアーカイブとリモート接続

  • コマンドによるファイルアーカイブの作成、参照、抽出を実行する
  • コマンドによるファイルの圧縮、参照、解凍を実行する。リモートホストへファイルを転送する。
  • リモートログインセッションを確立し、システム間のファイルまたはディレクトリのコピー、システム間のファイル転送を実行する。

 

講座の受講者の感想受講者の感想

 

講座の備考備考

この講座はテキスト代(¥3,360)が別途必要です。 ただし、SUN教科書UNIX/Solarisアソシエイツ(翔泳社)書籍をお持ちの方は不要です。

講座の講師からの声講師より

Solarisはイントラ/インターネットサーバ商用UNIXとしてNO.1の地位を誇ってきました。特に企業の基幹業務系システムはSolarisが使用されることが非常に多かったですが、Solaris8以降は一般ユーザにも手が届くようになり、その性能と安定性を享受できるようになりました。もちろんエンタープライズシステムとしても十分に健在です。

© 2007 IT塾